クチコミランキング1位
とりあえず一番人気を確認
転職○秘テクニック講座

仕事と子育てを両立!ママ看護師の転職·求職のコツは?

看護師として働く人の全てが独身という訳ではありません。

既婚者も少なくないですし、中にはお子さんを育てながら看護師として働いている方もいらっしゃるでしょう。

しかしながら看護師は心身ともに負担の多い職種であり、また責任ある業務を多く引き受ける為、
子育てとの両立を難しく感じることもあるかと思います。

そこで今回は「ママ看護師」をテーマに、仕事と子育てを両立させるコツや転職·求職のコツを詳しく解説することにしましょう。

ママ看護師は具体的に何が大変?

看護師はやりがいのある仕事ですが、同時にハードな仕事でもある為、
まずはママ看護師として働く上でのデメリットや大変さを知っておく必要があるでしょう。

では実際にママ看護師として働いてきた方達からよく聞かれる意見を、箇条書きにして以下にまとめます。

  • 拘束時間が長いため、主人や家族の協力を得なければ子育てとの両立が難しい
  • 肉体的にハードなであるため、仕事を終えた後は家事にまで手が回らない、もしくは手を抜いてしまいがち
  • 早朝や夜遅くまでやっている保育所·託児所探しが大変
  • 子供が体調を崩した時などに仕事を休むのが難しい、休めたとしても職場の同僚からひんしゅくを買う
  • 子どもと一緒に過ごす時間がどうしても少なくなりがち

看護師は2交代制であったり夜勤が存在したりと、一般的な仕事とは異なる勤務時間面での特徴を持っています。

その為、どうしても家庭や子供にまで仕事の影響が及びやすく、経験者の声を見ても分かる通り、第三者の協力や理解を得られるかが大きなカギを握るようですね。

もちろん周囲の助けを借りながらママ看護師として活躍されている方も多くいらっしゃいますが、全員が全員仕事と子育てを両立出来ている訳ではありません。

人によってはご主人の理解や協力を得られない、子供にさびしい想いをさせてしまう、反感を買うなど、様々なデメリットが出てしまうことも…。

ではママ看護師として働きながら、仕事と子育てを両立させる秘訣とは何なのでしょうか?

パート看護師で自由に使える時間を増やす

まずは根本的に「働き方」を変えるのも一つの手です。

例えば一般企業の正社員と同じような扱いである「常勤看護師」として働いている場合、どうしても夜勤や残業などに従事する場面が多くなります。
常勤看護師である以上、やはりある程度の責任は問われますからね。

それでも福利厚生や給与面では充実している訳ですから、仕事の面においてそれ相応の負担を強いられても無理はありません。
ただ、子育てや家事のことを考えると、ハードな常勤看護師では両立が難しくなってしまうケースが多くなるのもまた事実…。

そこで思い切って、常勤看護師以外の雇用形態で働く人も多いようです。
非常勤、いわゆるパート看護師などですね。
この形であれば仕事上の責任も軽減され、また勤務時間の融通も常勤看護師と比べれば大幅に効きやすくなるでしょう。

当然ながら給与、待遇面は常勤看護師より下がるとはいえ、
子供のことを一番に考えるのであれば「自由の多い」パート看護師などにも十分なメリットが感じられるはずです。

短時間勤務制度を活用する

短時間勤務制度とは、育児·介護休業法で義務化された制度であり、言い換えれば「育児のための短時間勤務制度」と表現できます。

条件は以下の通りですのでチェックしてみましょう。

  • 3歳に満たない子を養育する労働者であること
  • 1日の所定労働時間が6時間以下(※)でないこと
  • 日々雇用される者でないこと
  • 短時間勤務制度が適用される期間に現に育児休業をしていないこと
  • 労使協定により適用除外とされた労働者でないこと

※1か月又は1年単位の変形労働時間制の適用される労働者については、
「1日の所定労働時間が6時間以下」とはすべての労働日の所定労働時間が6時間以下であることをいい、
対象となる期間を平均した場合の一日の所定労働時間をいうものではありません。

要するにお子さんが3歳以下であれば、条件を満たしている限り勤務時間を短縮できることになる訳です。
この制度では「1日の所定労働時間を原則として6時間とする」と定められていますので、拘束時間の長さが特徴的な看護師にとってはまさにもってこいの制度と言えるかもしれません。

こちらは常勤看護師でも使える制度ですので、一定の時期だけ短時間勤務制度を活用して子育てと仕事を両立するのもアリでしょう。

ただし、短くなった勤務時間分の給与は保証されませんので、収入面ダウンについても十分考慮するようにしてください。

ママ看護師の転職·求職のコツ

常勤看護師、パート、短時間勤務利用などなど…。どのような勤務形態·働き方を選ぶかで得られるメリット、そしてデメリットは異なってきます。

収入·待遇面を優先するなら常勤看護師、子育てや子供との時間をより多く作りたいならパート看護師。
このような具合で「優先順位を明確化」することがママ看護師の転職·求職時には何より重要になるでしょう。

時間もお金も安定も…。などと全てを求め過ぎていると、なかなか自分に見合った環境を見つけるのは難しくなってしまうことを覚えておいてください。

なかなか考えがまとまらないのであれば、実際に子育てと仕事を両立してきた「先輩ママ看護師」に意見を求めてみるのも一つの手かもしれませんね。

どんな働き方を望むとしても、効率よく職探しするために、転職·求職サイトをうまく活用しながら自分に合った環境を探していくと良いでしょう。

あなたにオススメ!利用者の口コミランキング1位サイトはコチラ

  • 看護roo!

    看護roo!
    東証一部上場会社が運営する実績・評判ともに充実している看護師さんに大人気の転職サイト。専門コンサルタントがあなたのニーズをしっかりと汲み取り、「マト外れ」な求人を紹介しないが人気の秘訣!もちろん非公開求人も多数アリ♪
    求人件数 利用者数 対応エリア 非公開求人
    約41,000件 年間2万人以上 北海道・首都圏・関西・東海・鹿児島 あり
    面談対応時間 登録&利用料 スマホ対応 運営会社
    月~土
    9:00~21:30
    完全無料 株式会社
    クイック
    看護roo!で求人を探す(無料)公式ページへ